老後の生活破綻リスクについて

老後の生活破綻リスクについて

スポンサードリンク

年金や貯蓄が到底不足をして老後を迎える方は実は少なくありません。

 

若いときに、老後資金を貯めましょうと言っても、
全員が全員、十分な金額ではありません。

 

そうしたことで最低限のくらしをしていても、
あるとき病気になってしまい、
医療費によって生活が大きく乱れるということがあります。

 

伴侶の死にいたっても同じ事で、夫の年金を当てにしたけれど、
死亡と同時に妻の年金だけでは生活破綻をしてしまうケースも。

 

そんな時には、市町村窓口に相談をすることで救済策はありますが、
昨今の生活保護問題から、さまざまな問題点も指摘されています。

 

福祉関係では、高齢者宅への訪問などをしていますが、
人員不足のためすべての高齢者の生活を見られない状況もあります。

子供が原因のことも

"老後の生活破綻のきっかけが、無職の子供などの存在によるものも多くあります。

 

本来なら、子供が親の面倒をみるはずが、諸般の事情により、親の年金が頼りにしていて、老後の生活そのものが破綻に近づいているケースもあります。

 

このような場合は、行政がどこまで立ち入ることができるか?ということから、問題が表に出ないこともあり、気がつけば生活破綻をしている事も多くあります。

 

誰もが幸せな老後を過ごすことが約束されていないということですが、そうしたリスクを踏まえ、若いときからの備えとともに、人間らしい生き方も大切だと言えます。"

老後の生活破綻リスクについてについての情報

スポンサードリンク

老後の生活破綻リスクについて記事一覧

老後破産するケース

貯金を貯え、退職金を数千万円貰い、年金も毎月貰っているにもかかわらず、老後に破産してしまう人がいるということをご存じでしょうか。お金は十分あったはずなのに、なぜ破産したのか分からないということは、決して珍しい話ではないのです。また、深刻なのは、お金が底を突きそうになってから、気づく人が多いということ...

≫続きを読む