老後の生活費 シュミレーション 夫婦の場合

老後の生活費 シュミレーション 夫婦の場合

スポンサードリンク

老後の生活費は、できるだけ細かくシュミレーションした方が良いといえます。

 

平成24年に総務省が行った「家計調査年報(家計収支)」の結果によると、
世帯主が60歳以上で尚且つ無職である場合、全体の70%以上もの人が、
貯金、年金、保険に不安を感じていると答えているからです。

 

会社を退職した後は、年金以外の収入源がなくなるということも関係しているのかもしれませんが、
必要最低限のお金を計算しておくということは、非常に大切なことだといえます。

 

この、老後の生活費のシュミレーションのことを、シニアプランニングと呼びます。
今回は、夫婦の場合についてみていくことにしましょう。

 

夫婦のシニアプランニングは、最近、多くのファイナンシャルプランナーが協力して作成してくれるため、
詳細についてよく分からないという人でもプランニングすることが可能です。

 

また、シニアプラングすることをおすすめする一番の理由は、どこにどのくらいの費用が必要かが、一目瞭然となるということに尽きます。

 

夫婦で必要となるお金について、しっかりと話合っておくことは、後々のトラブルを避けるためにも非常に重要ですので、できるだけ早めに取り組むようにしましょう。

 

尚、老後の生活を設計する上で必要となる費用は、生活費、趣味や娯楽に掛かる費用、病気や介護に掛かる費用、身内や大切な人に残したい費用の4パターンです。

 

この4パターンの費用のバランスをとるためにも、十分な貯金がない場合や、年金が小額である場合は、早速プロに相談してみてはどうでしょうか。

老後の生活費 シュミレーション 夫婦の場合についての情報

スポンサードリンク

老後の生活費 シュミレーション 夫婦の場合関連ページ

老後のシュミレーション方法
多くの人が、老後の生活のために貯金や資産運用を行っています。今の生活を維持するだけで精一杯という人も増えており、事態は深刻だといえます。そのような時、時間を作って取り組んでおきたいのが、老後のシュミレーションです。