老後の生活費のシュミレーションをしよう!

老後の生活費のシュミレーションをしよう!

スポンサードリンク

老後の生活費のシミュレーションをしてみましょう。
実際にかかるものを現在わかる範囲で行なってみましょう。

 

細かな数字ではなく、大まかなもので結構です。

 

食費5万円、住居費2万円、水道光熱費2万円、
通信費2万円、交際費3万円、保健費2万円というところ。

 

もちろんこの他にシミュレーション項目はあるとは思いますが、
最低限として、合計16万円になりました。

 

これが、単に住んで食べて寝るだけの費用とすると、
やはり20万円は欲しいということがわかります。

 

基本的な生活費がこのくらいで、実際老後になると、
20万円くらいは確保できるかどうかを確認しておくことが必要です。

 

この中には、もしもの金額は入っていませんから
この他に潤沢な貯蓄などがあることが理想とされています。

 

この金額がほぼ亡くなる時までかかると試算をしていくと、
だいたいの貯蓄計画もたてられると思います。

 

病気入院などがある場合は、必要な生活費は高くなると思ってください。

シミュレーションのススメ

老後の生活費は、一度はシミュレーションをしてみると良いでしょう。

 

基本生活費の数字は一般的ものであり、
個人差が大きいとされています。

 

食費などはかなりの差が出るもので、
全体の数字も変わってきます。

 

老後の生活費のためにと、
今できないことを無理して行うことは不可能ですから、
老後のの生活費のシミュレーションを立てると同時に、
老後の生活のシミュレーションも同時に考えるきっかけとなることでしょう。

 

できれば、定年前に一度は行なってみてください。

老後の生活費のシュミレーションをしよう!についての情報

スポンサードリンク

老後の生活費のシュミレーションをしよう!記事一覧

老後の生活費 シュミレーション 夫婦の場合

老後の生活費は、できるだけ細かくシュミレーションした方が良いといえます。平成24年に総務省が行った「家計調査年報(家計収支)」の結果によると、世帯主が60歳以上で尚且つ無職である場合、全体の70%以上もの人が、貯金、年金、保険に不安を感じていると答えているからです。会社を退職した後は、年金以外の収入...

≫続きを読む

 

老後のシュミレーション方法

多くの人が、老後の生活のために貯金や資産運用を行っています。しかし、実際のところ、思うようにお金が溜まっていないというケースが多いようです。また、今の生活を維持するだけで精一杯という人も増えており、事態は深刻だといえます。そのような時、時間を作って取り組んでおきたいのが、老後のシュミレーションです。...

≫続きを読む