老後の生活費に必要な内訳とは?

老後の生活費に必要な内訳とは?

スポンサードリンク

老後の生活費に必要な内訳といわれても、あまりぴんとこないものですが、
この内訳をある程度を決めておくことによって、老後に必要となる費用が分かるものです。
それでは、もう少々詳しくみていくことにしましょう。

 

まず最初に、必ず必要となってくるのは生活費ですが、大雑把に分けると、住居費、食費、光熱費、保険、交際費などがあります。

 

このとき、つい忘れてしまいがちなのは、交通費です。
免許証を持っている場合、いずれは返還しなければならないため、毎月の交通費は必要な費用の1つとなります。
特に地方都市となると、交通機関を乗り継いで移動しなければならないケースもあることから、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

それから、削りたくてもなかなか削れないのが、交際費です。
近所づきあいなどであれば、出費を抑えることは可能ですが、孫への小遣いや冠婚葬祭となるとそうはいきません。
そのため、ある程度の金額は、用意しておくようにしたいものです。

 

以上、老後の生活費の内訳についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
中には、光熱費のように、どうしても削ることができない費用もありますが、
このような固定費は前もって金額が分かる費用でもあります。

 

毎月決まって掛かってくる固定費の内訳と、変動で必要となる費用の内訳をしっかりと分け、
老後の収支のバランスについて考えておきたいものです。

 

そうすることによって、いつまでにどのくらいのお金を貯める必要があるのかが、よく分かるようになるでしょう。

老後の生活費に必要な内訳とは?についての情報

スポンサードリンク

老後の生活費に必要な内訳とは?関連ページ

内訳について
老後の生活費の内訳については、その方のくらしによっても違います。最低限のものとして、食費・光熱費・住居費・交際費・税金などです。こればかりではありませんが、ここにプラスアルファされる形で、生活費は増大していきます。
基本生活費とは?
まずは老後の基本生活費について、前もってシュミレーションしておくことが重要だといえるでしょう。そもそも、基本生活費とはどのような費用なのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。
老後で一人暮らしで必要な生活費
老後の一人暮らしで必要な生活費を考えるといっても、今現在の生活をどうにかしたいという気持ちの方が、強くなってしまうのは当然のことです。しかし、いつまでも先延ばしにしておくわけにはいきません。特に、老後で一人暮らしとなると、頼る人も限られてしまうため、自分のことは自分で何とかするという、自立と自律が重要となってくるのです。