家計調査で分かる老後の生活費について

家計調査で分かる老後の生活費について

スポンサードリンク

政府では、家計調査を行なっています。

 

家計調査とは、全国の9千世帯の家計を具体的に調査するものです。

 

その中から、60歳以上の夫婦世帯の数字で、老後の必要なら生活費が見えてきます。

 

平成23年度のものですが、夫婦二人で60歳以上の平均収入は22万円で支出が26万円。

 

1人世帯では、収入が12万円で支出が15万円となっています。

 

この数字を見る限り、収入というのは年金が大きく占めていますから、毎月年金だけでは苦しい生活ということになっています。

 

いわゆる老後資金がなければ、マイナス分は補てんできないという結果です。

 

あくまでも平均ですし、全部で9千世帯というアバウトな数字ですが、抽出方法も無作為ではありませんから、統計的には信用をしても良いかもしれません。

 

少なくとも今後の老後資金の参考にしてみてください。

 

家計調査で浮き出た数字から、理想とする老後の生活は約23万円と試算しています。

今後の生活基盤を考える

家計調査は全国を対象にしていますが、住んでいる地域によってはかなりの格差が生じています。

 

ですから、自分はお金のかからない農村に行こうなんていう計画もありでしょう。

 

思い切って海外移住もありますが、この件に関しては、よくよく検討をすることをオススメします。

 

生活費を削減する以上の苦労が多いと言われています。

 

夫婦2人で20万以上の年金があればとりあえず安心という地域かどうかの確認も必要でしょう。

 

実際のところ、この数字では不安という方も多いことが現状です。

 


 

【PR】
長崎県で不用品回収に困ったら、行政や民間サービスにまかせましょう。

 

料金が高いかな、安いかな、、と感じたら色んなサービス(長崎 不用品回収 比較とか)を見て、参考にしてみてください。

家計調査で分かる老後の生活費についてについての情報

スポンサードリンク

家計調査で分かる老後の生活費について記事一覧

老後の生活費の内訳について

老後の生活費の内訳は、その方のくらしによっても違います。最低限のものとして、食費・光熱費・住居費・交際費・税金などです。こればかりではありませんが、ここにプラスアルファされる形で、生活費は増大していきます。あえて触れませんでしたが、ここに大きくプラスされるものとして、医療費があります。医療費に関して...

≫続きを読む

 

老後の基本生活費とは?

ただ、漠然と老後の生活を心配していても、なんの解決にもなりません。そのため、まずは老後の基本生活費について、前もってシュミレーションしておくことが重要だといえるでしょう。そもそも、基本生活費とはどのような費用なのでしょうか。詳しく見ていくことにします。基本生活費とは、毎日の生活を送っていく上で、必ず...

≫続きを読む

 

老後の生活費に必要な内訳とは?

老後の生活費に必要な内訳といわれても、あまりぴんとこないものですが、この内訳をある程度を決めておくことによって、老後に必要となる費用が分かるものです。それでは、もう少々詳しくみていくことにしましょう。まず最初に、必ず必要となってくるのは生活費ですが、大雑把に分けると、住居費、食費、光熱費、保険、交際...

≫続きを読む

 

老後で一人暮らしで必要な生活費

年は、突然のリストラや給料減、ボーナスカットが続き、苦しい生活を強いられている30代から50代が増えてきています。そんな中で、老後の一人暮らしで必要な生活費を考えるといっても、今現在の生活をどうにかしたいという気持ちの方が、強くなってしまうのは当然のことです。しかし、いつまでも先延ばしにしておくわけ...

≫続きを読む