生活資金で老後に必要な額とは?

生活資金で老後に必要な額とは?

スポンサードリンク

生活資金で老後に必要な額とは、一体どのくらいの金額なのでしょうか。
詳しくみていくことにしましょう。

 

まず、一般的に言われているのは、一人暮らしで月15万円程度、
夫婦二人だった場合、月20万円から25万円程度です。

 

貯めておいた貯金と、年金で生活を支える人が多いといえますが、
収入源が限られてしまうからこそ、どのような出費がありそうなのか、前もって予測しておくことは非常に重要となります。
その方が老後に必要となる生活資金を、明確にしやすくなるからです。

 

では、老後に必要となる生活資金を明確にする際に抑えておきたい3つのポイントについて、ご紹介していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、現在の生活費を明確にし、老後はその中の何割程度の金額が必要かを計算してみるということです。
例えば、ほとんどの場合、住宅ローンや教育費は、定年後に支払うことはなくなります。
そのため、将来的にどのくらい出費が減少しそうかを、予め予測していくことで、老後に必要な額が分かりやすくなるのです。

 

2つ目は、退職金の見込み額を計算しておくということです。
実際にもらわなければ分からないお金ではありますが、老後の生活資金を設計する上で重要なポイントとなるところですので、
おおよその目安を立てておいた方が、必要金額を理解しやすくなるでしょう。

 

最後の3つ目は、平均寿命や医療費、介護費も考えておくということです。
近年平均寿命が延び続けていますので、貯金が底をついてしまうと、年金だけで暮らしていけないと考えている人は多いといえます。
また、年齢を重ねていくと、思わぬ病に冒されたり、介護を受けることになるケースが出てきます。

 

健康なうちは気にならないものですが、その際に必要と思われる費用も計算しておいた方が良いでしょう。

生活資金で老後に必要な額とは?についての情報

スポンサードリンク

生活資金で老後に必要な額とは?関連ページ

生活費用について
老後の生活費用については、住んでいる地域によっても変わってきます。都会のマンション暮らしと地方の農村地域の暮らしでは、生活費用は恐ろしく違います。農村地域で自給自足の生活をしている老後の生活費用は、年間100万円もかからないという方も実際にいらっしゃいます。
平均はいくら?
老後の生活費の平均はいくら?という疑問についてお答えすると、夫婦2人で20~30万円、1人ですと15~20万円といったところです。あくまでも平均ですからもこの金額がなければならないのではありません。年金額から考慮をすると、現在の高齢者がもらっているのが、だいたいこのくらいという試算もあります。
高齢者の生活費はいくら?
高齢者の生活費は、いくらぐらい掛っているのでしょうか。若い頃は、深く考えることはないかもしれませんが、そうこうしているうちに歳はとっていくものです。時代ごとに、細かな金額は変わっていくかもしれませんが、おおよその目安だけでも覚えておくようにしましょう。
出費の種類について
老後の出費の種類についてですが、基本的に生活を送る上で必要となる出費の種類を理解しておけば良いでしょう。とはいえ、老後になってから、意外なほどお金が掛かる項目がありますので、今回はその項目の種類と内容について、3つご紹介していくことにします。