高齢者の生活費はいくら?

高齢者の生活費はいくら?

スポンサードリンク

高齢者の生活費は、いくらぐらい掛っているのでしょうか。

 

若い頃は、深く考えることはないかもしれませんが、そうこうしているうちに歳はとっていくものです。
時代ごとに、細かな金額は変わっていくかもしれませんが、おおよその目安だけでも覚えておくようにしましょう。

 

まず、高齢者の生活費といっても、ライフスタイルによって大きく変わってきます。
一人暮らしであれば、生活費だけで毎月15万円は最低でも必要となりますし、
夫婦で生活しているということでしたら、せめて20万円から25万円は必要となるでしょう。

 

また、カツカツの状態で生活したくない人は、毎月30万円程度もあれば、悠々自適に暮らすことができるといえます。

 

一方、施設で生活することになった場合は、どのくらいの生活費が必要となるのでしょうか。

 

入所する施設にもよりますが、介護サービスも医療サービスも利用しないということであれば、
大体毎月15万円から20万円必要となってくるでしょう。
しかし、これにはお小遣いや携帯代などは含まれていませんので、
実際にはプラス3万円から5万円は多く考えていた方が良さそうです。

 

ちなみに、介護や医療のサービスを受けながら、毎月生活していく場合は、上記の3倍の費用は必要となるでしょう。
施設の立地条件や、提供されているサービス内容などによっても金額は違ってきますが、
かなりの金額のお金が必要だということは、覚えておいた方が良さそうです。

 

このように、高齢者の生活費といっても、まったく金額が違ってくることが分かります。
ライフスタイルの設計は、早めに行っておきたいものです。

高齢者の生活費はいくら?についての情報

スポンサードリンク

高齢者の生活費はいくら?関連ページ

生活費用について
老後の生活費用については、住んでいる地域によっても変わってきます。都会のマンション暮らしと地方の農村地域の暮らしでは、生活費用は恐ろしく違います。農村地域で自給自足の生活をしている老後の生活費用は、年間100万円もかからないという方も実際にいらっしゃいます。
平均はいくら?
老後の生活費の平均はいくら?という疑問についてお答えすると、夫婦2人で20~30万円、1人ですと15~20万円といったところです。あくまでも平均ですからもこの金額がなければならないのではありません。年金額から考慮をすると、現在の高齢者がもらっているのが、だいたいこのくらいという試算もあります。
必要な生活資金額とは?
生活資金で老後に必要な額とは、一体どのくらいの金額なのでしょうか。健康なうちは気にならないものですが、その際に必要と思われる費用も計算しておいた方が良いでしょう。ですので詳しくみていくことにしましょう。
出費の種類について
老後の出費の種類についてですが、基本的に生活を送る上で必要となる出費の種類を理解しておけば良いでしょう。とはいえ、老後になってから、意外なほどお金が掛かる項目がありますので、今回はその項目の種類と内容について、3つご紹介していくことにします。