今から始める老後の生活資金対策

今から始める老後の生活資金対策

スポンサードリンク

老後の資金対策は早ければ早いほど良いと言われています。

 

形は多少違いますが、子供が生れたときに学資保険にはいる方が多いですが、
お金のかかる節目でタイムリーなお祝い金が出ることがメリットです。

 

これも長く無理のない金額の積立のお陰ですが、
老後の場合は、これといった説目がありません。

 

言い換えると、すべてが今の貯めているお金が必要と言うことを考えると、
早ければ早いほど、多ければ多いほどよいということになります。

 

実際の生活資金のため方は、それぞれの金融商品がありますが、
積立や貯蓄が一般的です。

 

満期を迎えるまとまった金額の投資信託、株券などもありますが、リ
スクを伴うものに関しては、留意が必要かもしれません。

 

以前なら、土地などもありましたが、
今では厳選された一部のものでしか結果は出ないと言われていますし、
“金”等の商品は相場を熟知していないと難しいでしょう。

 

とりあえずは、金利は低いですが、
貯蓄や保険といったものから貯めていくと良いかもしれません。

保険はいかが?

老後の生活資金に関しては、
ためられるだけ貯めるのが理想ですが、
50代にしてそう簡単に貯められないというのが現実かもしれません。

 

そんな時には保険商品が良いと言われています。
保証付のもので、もしもの場合、
残された家族の生活資金が出るものなどもあります。

 

夫婦2人の場合は、そんなに多額な生活資金は必要ないと考えると、
低金利の現在は銀行などよりは貯まりは良いかも?

 

しかし、保険のリスクもありますから、選択は慎重に。

今から始める老後の生活資金対策についての情報

スポンサードリンク

今から始める老後の生活資金対策記事一覧

老後の生活費用について

老後の生活費用は、住んでいる地域によっても変わってきます。都会のマンション暮らしと地方の農村地域の暮らしでは、生活費用は恐ろしく違います。農村地域で自給自足の生活をしている老後の生活費用は、年間100万円もかからないという方も実際にいらっしゃいます。都会のマンション暮らしの方にしてみれば、信じられな...

≫続きを読む

 

老後の生活費の平均はいくら?

老後の生活費の平均は、夫婦2人で20~30万円、1人ですと15~20万円といったところです。あくまでも平均ですからもこの金額がなければならないのではありません。年金額から考慮をすると、現在の高齢者がもらっているのが、だいたいこのくらいという試算もあります。年金に関しては、今後の増減がありますし、物価...

≫続きを読む

 

高齢者の生活費はいくら?

高齢者の生活費は、いくらぐらい掛っているのでしょうか。若い頃は、深く考えることはないかもしれませんが、そうこうしているうちに歳はとっていくものです。時代ごとに、細かな金額は変わっていくかもしれませんが、おおよその目安だけでも覚えておくようにしましょう。まず、高齢者の生活費といっても、ライフスタイルに...

≫続きを読む

 

生活資金で老後に必要な額とは?

生活資金で老後に必要な額とは、一体どのくらいの金額なのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。まず、一般的に言われているのは、一人暮らしで月15万円程度、夫婦二人だった場合、月20万円から25万円程度です。貯めておいた貯金と、年金で生活を支える人が多いといえますが、収入源が限られてしまうからこそ...

≫続きを読む

 

老後の出費の種類について

老後の出費の種類についてですが、特別なんらかの項目が増えるということはありません。基本的に、生活を送る上で必要となる、出費の種類を理解しておけば良いでしょう。とはいえ、老後になってから、意外なほどお金が掛かる項目がありますので、今回はその項目の種類と内容について、3つご紹介していくことにします。まず...

≫続きを読む