マンション暮らしでの老後について

マンション暮らしでの老後について

スポンサードリンク

老後の住まいをどうするかは、30代くらいから真剣に考えておかなければならない事柄の1つです。

 

もしも、住宅ローンを組んでマイホームやマンションを購入するのであれば、
返済期間を考えて早めにローンを組まなければなりません。

 

そこで今回は、マンション暮らしでの老後について取り上げ、詳しく見てくことにしましょう。

 

一言でマンション暮らしの老後といっても、賃貸と分譲に分かれます。
一般的には、賃貸よりも分譲、ようするにマンションを購入した方が住宅費用を節約することができると考えられていますが、
それは本当なのでしょうか。

 

結論からいいますと、最終的に支出としてみた場合、それほど変わらないことが分かっています。
なぜなら、マンションを購入すると、住宅ローンの他に固定資産税や管理費も支払う必要があり、
またある一定の年数を越えた後は修繕費用が必要となってくるからです。

 

新築でマンションを購入したとはいえ、さすがに30年近く住み続けていると、水廻りをはじめ様々な場所が傷み始めます。
この修繕費用は、一概にどのくらい掛かるか言い切ることはできませんが、数百万円単位で掛かることがほとんどです。

 

以上のことから、トータルで掛かる費用を計算した場合、賃貸も分譲も支払う金額にさほど差はないということができるのです。

 

とはいえ、最終的には好みの話にもなってきます。
1つの場所で長く住み続けたい人もいれば、様々な場所で生活してみたいという人もいるでしょう。

 

また、子供が独立してからマンションを売却し、部屋数が少ない賃貸マンションへ引っ越す人もいます。

 

一人暮らしなのか、夫婦で暮らすのかによっても話が変わってきますので、
よくよく家族の中で話し合ってから、結論を出していったほうが良いでしょう。

マンション暮らしでの老後についてについての情報

スポンサードリンク