老後の一人暮らしの実態について

老後の一人暮らしの実態について

スポンサードリンク

老後の一人暮らしの実態といっても、そのときになってみなければ分からないことばかりです。
しかし、前もって大まかな雰囲気さえ理解しておけば、いたずらに不安を抱えることはなくなるでしょう。
そこで、今回は、高齢者の一人暮らし開始年齢、生活水準、生活に対する不安についてご紹介していくことにします。

 

まず、高齢者の一人暮らしの開始年齢についてですが、これは男女によって大きく分かれてきます。
独身で、元々一人暮らしをしていた人は省略していますが、
ある調査によると、男女ともに60歳~74歳程度から一人暮らしを始めたケースがほとんどだということが分かっています。

 

とはいえ、男性の方が先に亡くなるケースが多いことから、一人暮らしの割合は女性の方が高いといえるでしょう。

 

次に、生活水準についてですが、単身世帯、夫婦のみの世帯で見ていくと、
平均所得金額は年間約300万円程度であるといわれています。

 

これは、国政労働省の「国民生活基礎調査」によるものですが、
勤めていた頃と比較すると、金額としては少なく感じてしまうかもしれません。

 

しかし、高齢者となると、ローンや教育費などの借金を抱えていることが少なく、
また貯蓄が多いという理由から、比較的生活にゆとりあると考えられます。

 

そして、最後の生活に対する不安についてですが、これは高齢者の半数以上が常に不安を感じ、生活が苦しいと答えているようです。

 

しかし、現役で働いていた頃よりも、老後の方が生活のレベルが向上することもあり、
生活そのものに対する不安や苦しさというよりは、将来的にお金が底を突くことに対する、不安や苦しさだといえるでしょう。

老後の一人暮らしの実態についてについての情報

スポンサードリンク

老後の一人暮らしの実態について関連ページ

生活費はいくら必要?
老後の生活費は、当然ながら現役で仕事をしている間に用意しなければなりません。そのため、ある程度の目安立てて、コツコツ積み立てていく必要があるでしょう。とはいえ、一人暮らしを想定した場合、生活費はいくら必要なのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。
一人暮らし費用
老後一人暮らし費用についてですが、現在のところ毎月12~15万円位が平均だといわれています。ただし、地域によって物価が変わってきますし、個人の状況によって住居費や交通費などの費用が大きく違います。ですから、毎月12~15万円位とはいっても、実際にはもっと必要となることがほとんどだといえます。
一人暮らしでの費用 年金生活の場合
一人暮らしの費用は、毎月どのくらいの金額を見ておけばよいのでしょうか。年金生活を続けていくと仮定して、詳しくみていくことにしましょう。結論から言いますと、男女ともに毎月最低でも15万円程度必要であるといわれています。
一人暮らしで必要な光熱費
一人暮らしで老後必要となる光熱費は、一体どのくらいなのでしょうか。元々一人暮らしが長かった場合、そこまで金額は気になりませんが、これから一人暮らしを始めるという方であれば、予め大体の目安を知っておきたいものです。
一人暮らしの生活費の内訳
老後の一人暮らしの場合、生活費の内訳はどのように分けられるのでしょうか。生活資金を予測していく上で、予めチェックしておきたいポイントとなりますので、詳しくみていくことにしましょう。
年金一人暮らしの生活費
年金一人暮らしで必要な生活費についてですが、全国平均でみてみると大体月に15万円程度だといえるようです。しかし、自分で野菜を作っていたり身内に農業や漁業関係者がいる場合は食費を抑えることができますし、その他にも様々な工夫をして節約している人はいますので、中には10万円程度という人もいるといいます。
老後の実態
2018年、4人に1人が75歳になるといわれています。そのような中で、老後の一人暮らしの実態について様々な報告がなされていますが、今回は特に問題となっている、3つのことについて解説していくことにしましょう。