生活費の内訳 一人暮らしで老後の場合

生活費の内訳 一人暮らしで老後の場合

スポンサードリンク

老後の一人暮らしの場合、生活費の内訳はどのように分けられるのでしょうか。
生活資金を予測していく上で、予めチェックしておきたいポイントとなりますので、詳しくみていくことにしましょう。

 

基本的に、人によって内訳の内容は変わってきますが、1つの目安として活用できるのは、統計局が行っている家計調査です。
その中で、60歳以上の高齢者世帯の生活費について詳しく取り上げられていますが、その際の内訳は以下のようになっています。

 

消費支出、食料、居住費、光熱費と水道代、家具・家事用品代、被服履物代、
保険医療費、交通通信費、教養娯楽費、雑貨、交際費の11項目です。

 

一見、どれも必要な項目のように見えますが、中には必要性を感じない項目が存在していることも事実だといえるでしょう。

 

例えば、被服履物代については、毎月必要となるお金と言い切ることはできず、
どちらかというと女性にとっては大切でも、男性にとってはさほど必要がない項目です。

 

それから、家具・家事用品代についても、毎月必要となるお金とは言いがたいものですので、
このような項目が内訳の中に含まれているという認識程度で良いといえるでしょう。

 

以上、老後の生活費の内訳についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
若い頃と違って、意外と必要となるのは、保険医療費や交通通信費だといわれています。

 

また、今回は一人暮らしに焦点を当ててきましたが、夫婦二人暮らしとなれば、また別な内訳も登場します。
その際は、改めて統計局の調査結果などを参考にしながら、老後の計画を立てる際に活用してみてはどうでしょうか。

生活費の内訳 一人暮らしで老後の場合についての情報

スポンサードリンク

生活費の内訳 一人暮らしで老後の場合関連ページ

生活費はいくら必要?
老後の生活費は、当然ながら現役で仕事をしている間に用意しなければなりません。そのため、ある程度の目安立てて、コツコツ積み立てていく必要があるでしょう。とはいえ、一人暮らしを想定した場合、生活費はいくら必要なのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。
老後の一人暮らしの実態について
老後の一人暮らしの実態といっても、そのときになってみなければ分からないことばかりです。しかし、前もって大まかな雰囲気さえ理解しておけば、いたずらに不安を抱えることはなくなるでしょう。
一人暮らし費用
老後一人暮らし費用についてですが、現在のところ毎月12~15万円位が平均だといわれています。ただし、地域によって物価が変わってきますし、個人の状況によって住居費や交通費などの費用が大きく違います。ですから、毎月12~15万円位とはいっても、実際にはもっと必要となることがほとんどだといえます。
一人暮らしでの費用 年金生活の場合
一人暮らしの費用は、毎月どのくらいの金額を見ておけばよいのでしょうか。年金生活を続けていくと仮定して、詳しくみていくことにしましょう。結論から言いますと、男女ともに毎月最低でも15万円程度必要であるといわれています。
一人暮らしで必要な光熱費
一人暮らしで老後必要となる光熱費は、一体どのくらいなのでしょうか。元々一人暮らしが長かった場合、そこまで金額は気になりませんが、これから一人暮らしを始めるという方であれば、予め大体の目安を知っておきたいものです。
年金一人暮らしの生活費
年金一人暮らしで必要な生活費についてですが、全国平均でみてみると大体月に15万円程度だといえるようです。しかし、自分で野菜を作っていたり身内に農業や漁業関係者がいる場合は食費を抑えることができますし、その他にも様々な工夫をして節約している人はいますので、中には10万円程度という人もいるといいます。
老後の実態
2018年、4人に1人が75歳になるといわれています。そのような中で、老後の一人暮らしの実態について様々な報告がなされていますが、今回は特に問題となっている、3つのことについて解説していくことにしましょう。