老後の住宅費について

老後の住宅費について

スポンサードリンク

老後の住宅費は、支出の大部分を占める大きな出費の1つです。

 

現役で働いているときは、転職するなり収入を増やすなどして対応することができますし、
場合によっては引越しをして、住宅費を抑えることも可能です。
しかし、老後となると、そのような自由が利かなくなります。

 

簡単に部屋を借りることはできませんし、年金や貯金に頼って生活していかなくてはなりません。
だからこそ、住宅やマンションを購入する人が多いのだといえますが、必ずしも住宅費を抑えることになるわけではないでしょう。

 

特に、マンションを購入した場合は、注意が必要です。

 

例えば、購入してから30年以上経過した場合、水廻りをはじめとしたあらゆる箇所を修繕する必要が出てきます。
ほとんどの場合、毎月修繕費として支払っているため、改めて懐からお金を出すことはないといえますが、
場合によって別途支払う可能性はあるでしょう。

 

それから、住宅、マンション共に、固定資産税がかかってきます。
支払う金額が非常に高く、年間で100万円程度は普通です。
老後に年金しか収入源がない中で支払うには、あまりにも大きな金額だといえるでしょう。

 

特に国民年金の場合、月に5~6万円程度しか支給されませんので、
現実としては固定資産税を払い続けることは難しいといえます。

 

一方、賃貸で一軒家やマンションを借りている場合、出て行く費用はどのくらいかといいますと、
実際のところはほとんど変わりありません。

 

また、早めに狭い部屋へ引っ越しておけば、住宅費を抑えることは十分可能だといえるでしょう。
とはいえ、毎日生活する場所ですので、住宅費ばかりを気にし過ぎると、快適な生活を送ることができなくなります。

 

メリットやデメリットを踏まえた上で、住宅費をシュミレーションしてみると新たな発見があるかもしれません。

老後の住宅費についてについての情報

スポンサードリンク

老後の住宅費について関連ページ

老後のマンション経営
老後は、年金を柱とした生活設計を行う人が、約7割を占めるといわれています。そこで、できるだけ早い段階で、金融資産を所有していくことが重要となってきますが、中でも老後のマンション経営に興味を持つ人が増えているといえます。
老後で生活費の削減方法を徹底公開
老後の生活費の削減方法といっても、何から手をつけて良いのか分からないものですし、ついつい自分に対しては甘くなってしまうものです。そこで、是非活用したいのが、ファイナンシャルプランナーによるアドバイスだといえるでしょう。