老後のマンション経営

老後のマンション経営

スポンサードリンク

老後は、年金を柱とした生活設計を行う人が、約7割を占めるといわれています。
ということは、貯金が十分ではなかった場合、年金ですべてを賄わなければならないということになるのです。

 

厚生年金や、共済年金であれば、ある程度の金額をもらうことができるため、年金のみでもなんとか生活をすることができますが、
国民年金は月に5~6万円程度ですので、とても生活できません。

 

そこで、できるだけ早い段階で、金融資産を所有していくことが重要となってきますが、
中でも老後のマンション経営に興味を持つ人が増えているといえます。

 

マンション経営は、もちろんデメリットも存在しますが、リスクを分散することができれば大切な収入源となってくれるでしょう。

 

ちなみに、一番のメリットは、家賃収入で自らの家賃や住宅ローンを支払うことができるということです。
立地条件によっては、築年数に関係なく安定した家賃収入を得ることができるというのも魅力だといえます。

 

もちろん、マンションのローンが完済したら、そのままオーナーとしてマンションを持ち続けることができますし、
自分の子供たちにも残していくことができます。

 

万が一、マンションのローンを残したまま亡くなったとしても、保険金でローンをゼロにすることが可能です。
今回は、マンション経営についてご紹介しましたが、いずれにしろ早めに対策を講じておくことで、
お金の心配をせずに老後を楽しむことができるようになります。

 

そのための1つの方法として、マンション経営に挑戦するということを考えてみても良いのかもしれません。

老後のマンション経営についての情報

スポンサードリンク

老後のマンション経営関連ページ

老後で生活費の削減方法を徹底公開
老後の生活費の削減方法といっても、何から手をつけて良いのか分からないものですし、ついつい自分に対しては甘くなってしまうものです。そこで、是非活用したいのが、ファイナンシャルプランナーによるアドバイスだといえるでしょう。
住宅費について
老後の住宅費は、支出の大部分を占める大きな出費の1つです。現役で働いているときは、転職するなり収入を増やすなどして対応することができますし、 場合によっては引越しをして、住宅費を抑えることも可能です。しかし、老後となると、そのような自由が利かなくなります。