老後の生活設計を考える

老後の生活設計を考える

スポンサードリンク

老後の生活設計については、何よりも資金面の算出をしてみてください。

 

定年後から収入が多く減りますが、年金までの空白期間、
そして本格的な老後の生活資金の確認です。

 

この間、夫婦2人だけの出費で済むのかどうか、
家のローンや子供の結婚などがある場合は、
支出が大きくなっていくことになります。

 

こうしたものがすべて終わり、
いよいよ夫婦だけの生活設計をたてていく上で、
お金の流れをきちんと把握をしてみてください。

 

たまには旅行も、あそこにもいかなくてはという計画の他に、
大切なこともあります。
それは、病気への備えです。

 

老後の心配は健康ですが、思いもよらない病気で治療にかかる、
時に大きな手術や入院といった時の備えはどうなっているか?等の確認も必要です。

 

いざ保険を使おうとしたら使えなかった、
保障が60歳までだったと言うこともあります。

 

収支計算を中心とした老後の生活設計は備えあれば憂いなしが一番ですが、
そのためには、40代くらいから徐々に準備をするのが良いと言われています。

忘れてならない介護のこと

老後の生活設計の中に、介護も考えいおいてください。

 

というのも、日本はかなり介護システムが充実してきました。

 

老後というと、いつまでも元気ではないということと、何かの形で介護の世話になると言うこともあります。

 

お住まいの介護施設の確認とシステムに付いても知識を持っておきましよう。

 

できれば、自分たちの持っているもので、すべてまかなえるかどうかの確認など、介護のことについては、考えておくと良いでしょう。

老後の生活設計を考えるについての情報

スポンサードリンク

老後の生活設計を考える記事一覧

老後のマンション経営

老後は、年金を柱とした生活設計を行う人が、約7割を占めるといわれています。ということは、貯金が十分ではなかった場合、年金ですべてを賄わなければならないということになるのです。厚生年金や、共済年金であれば、ある程度の金額をもらうことができるため、年金のみでもなんとか生活をすることができますが、国民年金...

≫続きを読む

 

老後で生活費の削減方法を徹底公開

老後の生活は、収入源が限られてしまうことから、生活費が足りなくなった場合は節約生活を送るか、収入源を増やすしかありません。高齢者に対しても、お金を貸してくれるところはありますが、そもそも入ってくるお金の金額が限られているわけですから、返せる当てがないわけです。そのため、すぐに収入源を増やすことができ...

≫続きを読む

 

老後の住宅費について

老後の住宅費は、支出の大部分を占める大きな出費の1つです。現役で働いているときは、転職するなり収入を増やすなどして対応することができますし、場合によっては引越しをして、住宅費を抑えることも可能です。しかし、老後となると、そのような自由が利かなくなります。簡単に部屋を借りることはできませんし、年金や貯...

≫続きを読む