老後の生活費どっとこむ

老後の生活費はいくらかかる?

老後の生活費は、人それぞれです。

 

少なくとも、働き盛りの頃と同じ生活水準でいくのなら、かなりの生活費は必要としますが、定年をしたからという意識で生活水準を下げることもあるでしょう。

 

そこで、一ヶ月のだいたいの生活費を算出していくわけですが、現実としては、そんなにお金は使えないかも?といったところかもしれません。

 

この部分に関しては、個人差が大きく、又地域的な格差もあります。

 

ですから、老後の生活費に関しては、40代50代の生活費を基準にして、収入の変化に応じて考えてみてください。

 

生活費は多ければ多いほど良いですが、その方の生活水準と出費によっても大差か出ます。

 

老後は○○万円はないといけないという基準はありませんが、最低でもこのくらいはないと生活ができないという数字は、具体的にしておくと良いでしょう。

 

それによって、これからの貯蓄額も変わってくることでしょう。

 

誰しも困った生活はしたくはないですが、現実と夢のギャップも大きいようです。

 

生活費に関しては、このくらいしかないから生活を切り詰めようという考え方もひとつにあります。

 

そんなことはイヤと言えない現実が多いと言われています。

 

こうしたことから、若いうちからの老後の生活費の意識が必要と言えます。

ターゲットは30万円

老後の生活費については、30万円は必要という試算もあります。

 

このくらいあれば、まずまずの生活ができるというものですが、年金だけで30万円、貯金を切り崩しての30万円など、人それぞれでしょう。

 

実際老後の身で30万円もあるわけ無いというかたもいらっしゃいます。

 

現実に30万円以上の生活費があれば…ということですが、まだ老後を迎える前の方にとっては、一つの目安としてみてください。

 

この数字を見て、どうでしょう?

サイトマップ

オススメサイト一覧

老後の生活費どっとこむについての情報

スポンサードリンク